FontForgeを使う

FontForgeについて

オープンソースのフォント作成プログラムのこと。詳細は参考資料1を参照のこと。

Windowsfontforge 簡単 お手軽パッケージ 追記:2009/11/23

何だかんだ言いながら以下のパッケージが楽でお勧め。
unofficial fontforge-mingw
WindowsUnixを使ってみたい人は以下のcygwinを使ったfontforge導入を。

インストールと日本語化

FontForgeWindowsXPにインストールする方法を書く。

1.cygwinのインストール
  1. 参考資料3のサイトからsetup.exeをダウンロードして起動する。
  2. Choose A Download SourceはInstall from Internetを選ぶ。
  3. InstallForはAllUsers。Default Text File Type はUnix/binaryを選ぶ。
  4. LocalPackageDirectoryは一時フォルダの置き場所の指定する。
  5. InternetConnectionはDirectConnectionを選ぶ。
  6. Choose A Download Siteでダウンロードするサーバーを選ぶ。*1
  7. CategoryのX11のCurrentをInstallにする。*2,*3
  8. インストールが終わるのを待つ。
2.FontForgeのインストール
  1. 参考資料4のサイトから自分の環境に合ったファイルをダウンロードする。通常はfontforge_cygwin-*.tar.bz2を選ぶ。
  2. 参考資料2のインストール方法を参考しながらhome/usernameにFontForgeをインストールする。
  3. 参考資料2のインストール方法を参考しながら.bashrcファイルを編集する。
3.日本語化
  1. "2.FontForgeのインストール"で編集した.bashrcファイルにexport LANG=jaの一文を追加する。*4
  2. 参考資料5のサイトからmplus_bitmap_fonts-*.tar.gzをダウンロードする。
  3. 2でダウンロードしたファイルをhome/usernemeに移して解凍する。解凍はcygwinからgunzipコマンドを使うか、Lhazなどの解凍ツールで行う。
  4. cygwinを起動して、3で解凍した中のinstall_mplus_fontsファイルがあるところで./install_mplus_fontsと入力してインストールを行う。
  5. "2.FontForgeのインストール"で編集した.bashrcファイルにxset fp+ /usr/X11R6/lib/X11/fonts/mplusの一文を追加する。

起動

  1. cygwinを起動してstartxを入力する。
  2. Xが起動したらfontforge -newを入力する。

起動しなくなった場合

Cygwin.batや.bashrc、.bash_profileに手を加えてcygwinがうまく起動しなくなったら、いじったファイルを一度全部削除して、もう一度setup.exeからやり直す。ファイルが新たに生成され、初期状態に戻る。

*1:http://ftp.jaist.ac.jp (北陸先端科学技術大学院大学)が早い。jpドメインはもう一つring.aistがあるが、これは遅いのでやめておいた方がいい。その他はかなりのんびりなのでゆっくり待つこと。

*2:クリックすれば変わる。参考資料2に必要なプログラムの一覧があるが、ダウンロードするサーバーにプログラムがない場合もある。X11をすべてインストールしたほうが無難である。

*3:fontforgeにはまったく関係ないがcygwingccは便利なのでよかったら入れてこう。Develのgcc C compiler upgrade helperをInstallにすれば自動的に関連ファイルが設定される。

*4:catコマンドで追加する。TeraPad秀丸などのUnixの改行形式に対応したエディタで編集してもいい。