アスキーアートはどうあるべきか

 2ちゃんねる等に投稿されるアスキーアート(以下単にAA)。それを集めたり、印刷したり、改変したりするのは自由なのだろうか。この根本的な疑問に答えられなかった為、AAのおかれている状況を整理してみた。

 ∧_∧
 ( ´・ω・) みなさん、お茶が入りましたよ・・・・。
 ( つ旦O
 と_)_) 旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦
 

1.はじめに

 AAは文字を使って書かれるであるが、ここでは文字列であることを排除して完全な絵として扱う。この絵に対して著作権がどう関係するかが、今回の調査の主眼である。
 AAになる対象は様々で、アニメのトレースからオリジナルキャラクターと背景の組み合わせまで幅広い。今回はAAの種類を2〜5に分類して、それらの二次創作物がどの様に扱われるのかを調査した。

2.明確な著作権が存在する想像上のキャラクター

.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !   __ _.ィ´`ヽ
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ { /   `ヾ!  j
:::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´      r''
[翠星石(ローゼンメイデン)]

例)ドラえもんミッキーマウスピカチュウゴジラウルトラマンひこにゃんせんとくん など。

 アニメーション、アニメ映画、ゲーム、特撮などの登場人物には別個独立した著作権は発生しない。それらは所属する作品の著作権に依存する(参考資料1)。その為これらのキャラクターのAAを作成、公開する場合は元の作品の著作権に配慮する必要があると考えられる。イベントなどの為に企画されたキャラクター、イラスト等に描かれたオリジナルキャラクターの著作権は企画した人間や組織に依存するので、配慮する必要がある。商標権については後に解説する。


 アニメなどのAAは明確な許可を得ていない同人誌やイラスト等に近い位置にいると考えられる。そのような二次創作物に関してはwikipedia(参考資料2)の解説が詳しい。

著作物そのままを用いた作品(複製権の侵害)

       \
 お そ .い ヽ
 か の や  |
 し  り  `  ,. -──- 、
 い .く   /   /⌒ i'⌒iヽ、
    つ /   ,.-'ゝ__,.・・_ノ-、ヽ
    は i ‐'''ナ''ー-- ● =''''''リ      _,....:-‐‐‐-.、
      l -‐i''''~ニ-‐,....!....、ー`ナ      `r'=、-、、:::::::ヽr_
 ̄ \ヽー' !. t´ r''"´、_,::、::::} ノ`     ,.i'・ ,!_`,!::::::::::::ヽ
    ヾ、 ゝゝ、,,ニ=====ニ/r'⌒;    rー`ー' ,! リ::::::::::::ノ
       i`''''y--- (,iテ‐,'i~´,ゝ'´     ̄ ̄ヽ` :::::::::::ノ
       .|  !、,............, i }'´    _   、ー_',,...`::::ィ'
     ●、_!,ヽ-r⌒i-、ノ-''‐、    ゝ`ーt---''ヽ'''''''|`ーt-'つ
        (  `ーイ  ゙i  丿   ;'-,' ,ノー''''{`'    !゙ヽノ ,ヽ,
        `ー--' --'` ̄       `ー't,´`ヽ;;;、,,,,,,___,) ヽ'-゙'"
                       (`ー':;;;;;;;;;;;;;;;ノ
                       ``''''''``'''''´

 キャラクターを表した絵は「美術の著作物」に該当し、絵画の模写は著作権法上の複製に含まれるため複製権の侵害に当たると考えられる。上の例のように創作性の無いトレースAAには別個に著作権は発生しない。アニメAAの殆どがここに当てはまる。

著作物を改変しているが創作性が認められない作品(複製権+同一性保持権の侵害)
     //                //
.    / /                //
   / /  _.. 〜'::""::''ヽ、      / /
  // /:;r‐、:::::::__:::::::::::\    / /
// /:::ノ ・ _)( ・_`つ、::::::ヽ、  l l
/ /::r(__ ノ´(:;;:)´__ノ〃ヽ:::::::} | |
  /:::::ノ二ニ彡 ノ 三彡-、 )::ノ | |
 {::::(  -_二 -‐'' ̄     )(::/ ノ ノ
 ヽ:::ヽ(    ,r'' " ''‐-‐′ノl//
   ヽ )`― ''′_ .... __ノ//
    ゞニニ二 -(/∂-‐//

原作の特定のキャラクターと一見して分かる絵を描いた場合は原作の絵の複製権の侵害とみなされる可能性がある。

著作物を改変しており創作性が認められる作品(翻案権+同一性保持権の侵害)
        ζ
     / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ⌒   ⌒\
   /    ・    ・ |
   |(6     つ    |
   |    三 | 三   |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |    \_|_/  | < 
    \    \__ノ  /  \__________
   / \ ___/\
  │ ∴∵━━○━∴│      ____
───────────── /∵∴∵∴\────
                   /∵∴/∴∵\\
    _。_    旦~       /∵∴< >∴∴.< >|
   c(_ア            |∵∵∵/ ●\∵|
                  |∵∵ /     | |
                  |∵∵ |      | |
                   \∵ |      |/
                    \|

創作性のある改変が行われた場合であっても、それが著作物のキャラクターであるとすれば、翻案権、同一性保持権の侵害に当たる。

著作物を改変し創作性が認められ、原作の本質的特徴を失っている作品
            ∴∵∴∵∴
              ∴∵∴∵∴∵
           ∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
       .∵∴∵:(・)∴∵∴∵∴∵
         ∴∵rミ ,○、:(・)∴∵∴∵
        ∴∵/  / ミ 〉∴∵∵
     ∴∵∴∵|  ̄\ /∴∵∴∵
      ∴∴∵∴.、`  /∴∵∴∵∴∵
    ri  ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
 __,! ヽ,∴∵∴∴tanasinn∵∴
三三  _{{∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
  ̄ ~~∴∵∵∴∵∴∵∴==ュ
      ∴∵∴∵∴∵/,  !
       ∴∵∴∵  `^|.|.|jj
     ∴∵        .l.|.|

 別個の著作物とみなされるため、著作権を侵害しない。ただし、原作者がわからないので上のAAのtanasinn - Wikipediaは分類5に当たる。

3.実在の人物

      、z=ニ三三ニヽ、
     ,,{{彡ニ三ニ三ニミヽ
     }仆ソ'`´''ーー'''""`ヾミi
     lミ{   ニ == 二   lミ|
.     {ミ| , =、、 ,.=-、 ljハ
     {t! ィ・=  r・=,  !3l
      `!、 , イ_ _ヘ    l‐'
       Y { r=、__ ` j ハ─
  r‐、 /)へ、`ニニ´ .イ /ヽ
  } i/ //) `ー‐´‐rく  |ヽ
  l / / /〉、_\_ト、」ヽ!
  /|   ' /)   | \ | \
麻生太郎
例)鳩山由紀夫、ウラジミール・プーチン、ローマ法王

 存命する人物には肖像権(参考資料3)が発生する。肖像権は人以外、肖像画には認められない。肖像権を持つ人物の映像や画像を公開する場合はその人の人格権に配慮する必要がある。ただし、不特定多数の人々に見られることを前提としている場合には人格権は一般には認められない。政治家のテレビ放送などの映像や写真には人格権は発生しないと思われる(参考資料4)。ただし写真自体には著作権が発生するので、そこに配慮する必要はある(参考資料5)。

         _,,,,,,__  __,,,__
        ィjj)))))))))!!!!!彡ヽ,
      /ミ/         ,}彡ヘ
      |ミ{ -‐ ‐ ‐ ‐-  {三=|
      El==; ゚ ''==. |ミミ,|
        `レfォ、,〉 :rfォ.、,  !iル┤
.        { `¨ i ・、¨ ´  `{ゞ'}
.        | ‘`!!^’ヽ     .「´
        ! ,-ニ'¬-、  ,!|,_
.        \´ ̄`  / ∧ヘ、
         __/〉`ー ' ´ /  〉 \
     _, ィ´「∧     /  /    )¬ー- 、_
  -‐ ´  / /  ヽ、/    /     iヾ      ヽ
福沢諭吉

 存命しない歴史上の人物には肖像権は発生しないと考えられる。その人物が写っている写真や肖像画などの著作権もすでに期限が切れていると考えても良い(参考資料6)。よってAA化は自由である。
 歴史上の人物を最近描いた絵には著作権が発生する。ただし上の例の福沢諭吉のAAは一万円札に書かれている絵を起こしたと思われるので、その絵はパブリックドメインであるから著作権は発生しない。

4.実在の人物がキャラクターを演じているもの

        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
       |______|_____|
       | 三|  _     _   |三 !
       | 三|  三シ   ヾ三  |三 |
       | 三′  .._     _,,..  i三 |
       ト、ニ| <でiンヽ  ;'i"ィでiン |三.|
       ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ
        i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ
        ヾ!    i ,、 ,..、ヽ   lノ
         |      _ _    イ l
           l    ,ィチ‐-‐ヽ  i /、
            ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/'"\
             | \  ー一 / /   _,ン'゙\
         ,ィ|、  \     /_,、-'" _,.-''´ `丶、__
      _, イ  | ヽ_ 二=''" _,. -''´  """""´´  ``ー

麻呂[菅貫太郎](水戸黄門)−参考資料7
例)ハートマン軍曹、麻呂

 ドラマ、映画などの登場人物がAA化された場合にはその作品の著作権と俳優の肖像権の二つが関わってくると考えられる。麻呂の派生作品は数多く作成されても黙認されているが、海外の作品は二次創作物などに寛容でない部分があるので注意。

5.明確な著作権が存在しないキャラクター

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´ 
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
 やる夫
 例)やる夫、ギコ、モナー、しぃ、背景、建物など

 やる夫やモナーなどの一般に2ちゃんねるで発展してきたキャラクターや背景などがここに属する。ギコ猫の初出はあやしいわーるど(参考資料8)であるとしても、これらのAAは改変されながら発展してきた歴史がある。掲示板の匿名性から作成者や改変者は一部の固定ハンドルを使って投稿する人間以外は匿名である。
 2ちゃんねるの住人のAAに対する姿勢はのまネコ問題(参考資料8)、タカラギコ問題(参考資料9)に象徴される。タカラギコ問題は「ギコ猫」をタカラが商標登録しようとして発生し、2ちゃんねる管理人西村博之がタカラへ質問状を送ったりしたことで、商標登録出願は取り下げられ収束した。のまネコ問題は「モナー」を改変した「のまネコ」の著作権、商標をエイベックスネットワークが主張したことから発生し、エイベックスが商標登録を断念したことで収束した。特にのまネコ問題では派生作品である「のまネコ」の著作権主張に反対したことが興味深い。
 以上のことを総合すると2ちゃんねるのAAに対する姿勢としてはパブリックドメイン(参考資料10)、コピーレフト(参考資料11)の考え方に近いと思われる。パブリックドメインとは著作権の放棄であり、放棄できない著作者人格権以外の権利を著作者は失う。しかしこれだと自由に公開はできたとしても著作者人格権の同一性保持権や氏名表示権より改変の存在が難しくなる。また派生作品のコントロールや商用利用の拒否も難しい。一方、コピーレフトとは著作者が以下の5つの項目に代表される主義のもとで著作物を公開することである。

  • 著作物の利用、コピー、再配布、翻案を制限しない
  • 改変したもの(二次的著作物)の再配布を制限しない
  • 二次的著作物の利用、コピー、再配布、翻案を制限してはならない
  • コピー、再配布の際には、その後の利用と翻案に制限が無いよう、全ての情報を含める必要がある(ソフトウェアではソースコード含む)
  • 利用、コピー、再配布、翻案のいずれにおいても、複製物又は二次的著作物にコピーレフトのライセンスを適用し、これを明記しなければならない

コピーレフトの本質的なことは二次的著作物に対しても上記と同様の項目を要求する点である。この主義の大元はパブリックドメインによる著作物の二次的創作物が元の著作者の範囲外とされたリチャード・ストールマン自身の体験に基づく。コピーレフトは単なる主義であり、実際にはその主義を示したライセンスを作成し、著作者は利用者に対してそれを提示する。著作権とライセンスの関係については参考資料12、13を参照して欲しい。のまネコ問題による派生作品の著作権主張をみるとパブリックドメインよりもコピーレフトの方に近いと言えそうだ。著作権を有して置くことには他にもメリットがあって著作権と商標権が争ったときには端的にいって著作権側が優位に立つ(参考資料14)。これも商標権を拒む2ちゃんねるの思想と争わない。
 ここまで書いて根本的な問題は、2ちゃんねるの方向性としては以上の通りなのかも知れないが、実際には個々のAAの扱いは著作者に委ねられているという点である。というのも運営は投稿されたAAに関しては具体的な方針を示していないからである。もし運営が投稿したAAをコピーレフトとして扱うことを条件に投稿を許可するような契約文を投稿直前に書けば、投稿されたAAはコピーレフトで扱われ、たとえ著作者、運営がそれを無視しようとしても契約よりAAはコピーレフトで扱われることとなって問題は進展するかも知れない。

6.おわりに

 AAの立ち位置は同人誌と同じくグレーであると言っても良いのではないか。長編においても初期のギコ、モナーなどの2ちゃんねる系キャラクターを主に使った作品に比べて、最近はやる夫作品に代表されるアニメのキャラクターをふんだんに使った作品が目立つ。やる夫の本を出版した出版社もあったが、この辺の問題をどう片付けたかが気になるところではある。2ちゃんねる系のキャラクターにおいても、のまネコ問題以来の一部のキャラクターが企業のCM(参考資料15、16)に使われても議論が進んでいないのは不自然に感じる。はたして、ニコニコやドワンゴ2ちゃんねる西村博之といったくくりでこの問題を見て良いのだろうか。
 投稿されたAAの扱いについてはコピーレフトとして扱うのが良いのではないかと提言した。個人的には、もしコピーレフトで扱われることを拒否するのであれば2ちゃんねるという場に投稿する必要は無いのではないかと思っている。


 最後に私が公開したAAのデータベースに付いて書く。これは主で開発しているJavascriptIMEの一部として考え、何の考えもなしにそれをsourceforge上においた。しかしこれまでのようなAAの性質を考えれば、AAのデータベースをオープンソースのみに許されたsourceforgeのサーバー上に置くのは間違っている。ということでこのサービスを別の場所に移転することを考えてはいるのだが、phpMySQLが使える環境がpf-x以外になかなか見つからない。良ければ誰か教えてください。

気になったAAをすぐ登録できるブックマークレットを作った

動機

 ネットを巡回して気になるアスキーアートを見つけたとき、とりあえず保存しておこうと考えるのだが、どうも都合の良い方法が見つからなかった。昔はFireFoxにQuickNoteというメモ帳アドオンを入れてテキストファイルに保存しておいたのだが、検索が面倒だし確認がなによりも面倒くさい。そこで以前に作ったアスキーアートのデータベース(アスキーアートのデータベースを作る - Webと文字)にタグを付けて放り込むようなブックマークレットを書いた。

 使い方は簡単。気になるAAを選択してブックマークレットを呼び出すだけ。あとは登録画面が出てくるのでタグを全角スペースで区切り、OKを押す。これで登録終わり。確認はASCII and Shift_JIS Art DataBaseで見る。詳細はAA登録ブックマークレット-α解説を見て欲しい。

技術的メモ

postで投稿

 AAの中にはかなり大きなものもあるのでgetで送ると文字数制限に引っかかる。その為、iframe+formでpostで投稿するようにした。実際にはiframeを使用したクロスドメインPOST - 文殊堂スクリプトを少し改造したものをそのまま使用している。IEではクロスサイトスクリプティング警告に引っかかる時がある。

真ん中に表示

 ブラウザのウィンドウの真ん中に表示させるにはウィンドウの幅と高さ、スクロール量、要素の大きさなどを考慮しなくてはならない。ウィンドウや要素の大きさブラウザのスクロール量を取得するには? | Diaspar Journalユーザーのウインドウ表示幅を取得するjavascript - WEBデザイン BLOGを参考にした。

var bp = getBrowserParam(w,d); //windowとdocumentを与えて、その幅と高さを返す。
div.style.left =( d.body.scrollLeft || d.documentElement.scrollLeft) + bp[0]/2 - (div.offsetWidth/2) +"px";
div.style.top  = (d.body.scrollTop  || d.documentElement.scrollTop )+ bp[1]/2 - (div.offsetHeight/2) + "px";
選択範囲を取得

 基本的にはJavaScript Rangeの使い方 - とみぞーノートを参考にした。以下のように取得できる。改行も考慮される。追記:2009:12:16 そんなに単純には行きませんでした。AAがpreで入っているのか、タグで改行を表現しているのかで違ってきます。この判定はうまい方法が思いつかなかったので、改行コードの数で判定しています。詳しくはコード*1を見てください。ページによって改行が表現されない不具合はこれで解消したと思います。←Operaでは上手くいかない。

//IE
var range=document.selection.createRange();
var selectionText = range.text;

//IE以外
var selectionText = window.getSelection();
FireFoxのバグ?

 document.createElementで要素を生成してappendChildで追加したあとに、innerHTMLで要素を追加するとバグる?

var parentElement = document.createElement('div');
var div1 = document.createElement('div');
var div2 = document.createElement('div');

parentElement.appendChild(div1);
parentElement.innerHTML +="<br>";//createElementで生成してappendChildする
parentElement.appendChild(div2); 
IEのバグ?

 preタグに入ってしまった文字はinnerTextで取得しても改行は消滅する。range.textを使用する。

通信の流れ

 アスキーアート及びタグはencodeURIComponentでエンコードし、php側でrawurldecodeでデコードする。MySQL文に追加する時はaddslashesでエスケープし、取り出すときはstripslashesでエスケープを解除する。←論外でした。このせいでいくつか登録したAAが変に登録されてしまいました(´・ω・`)。
 JavaScriptから送る文字はencodeURIComponent関数でURLエンコードし、最初に書いたようにiframeを使ってpostで投稿する。php側では$_POST['aa']で受け取ったあとにget_magic_quotes_gpc関数を実行して返り値を確認する。これがtrueならばget、postで受け取った引数は既に「'」が「\'」の様にエスケープされているのでstripslashes関数を使用して元に戻す。

$aa = get_magic_quotes_gpc() ? stripslashes($_POST['aa']) : $_POST['aa'];

その後にURIデコードをするためにrawurldecode関数を実行する。

$aa = rawurldecode($aa);

MySQLに接続し、クエリの構成前に引数をmysql_real_escape_string関数を使用してMySQLエスケープをする。この関数はmysqlに接続している間にしか使用できない。

$aa = mysql_real_escape_string($aa);

これでデータベースに無事AAが登録された。タグの登録も同様の経路を辿る。これらのAAを取り出すときは特にエスケープやエンコードは必要ない。

文字化け

 確認画面が文字化けするけどそれは仕様ですsuccess!若しくはfailure...と英語で表示することで誤魔化した。

フレームを使ったサイト:追記:2009/12/23

 AAのサイトにはフレームを使ったサイトが結構多い(AA大辞典や2ch全AAイラスト化計画など)。しかし範囲選択を取得するためにはそのフレームのdocumentとwindowが必要で、厄介な問題である。特にフレームの中にフレームを含むようなサイトは単純な方法では上手くいかない。
以下のコードは再帰関数を使用してセレクションが存在するフレームのdocumentとwindowを取得するものである。ただし、セレクションが複数ある時は最後のフレームが優先される。

function frameSelection(document,window){
	var dw=null;
	var farr = document.getElementsByTagName('frame');
	if(farr.length >0){
		for(var i=0;i<farr.length;i++){
			var w= farr[i].contentWindow;
			var d=farr[i].contentWindow.document;
			if(dw = frameSelection(d,w)){
				
			}else{
				var s= !!(window.attachEvent && !window.opera) ? farr[i].contentWindow.document.selection.createRange().text : farr[i].contentWindow.getSelection().toString();
				if(s != "") {
					dw= [d,w];
				}
			}
		}
	}
	if(dw){
		return dw;
	}else{
		return false;
	}
}

 

どうして…こうなった?

印刷

先日モノクロレーザープリンタを貰った。折角なので何かを印刷してみようと思い、アスキーアート*1を印刷してみた。だが結果は燦々たるものだった。

上の画像はブラウザより印刷したものをスキャナでコピーしたもの(HTML印刷)、画面をキャプチャしたもの(キャプチャ)、その画像をペイントから印刷したものをスキャナで対比させたもの(画像印刷)である。キャプチャと画像印刷は対比写真画像では分からないが全くおなじになった。一方でHTML印刷は・・・明らかにおかしい。具体的には赤丸で囲った箇所の線が太くなっている。

拡大(というよりこれが元サイズ)するとはっきりわかる。線が太い。

    (ヽ、00  ∩
  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
   ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
  ( ⊂ニニ   / /⌒) )
   `ー――'′ し∪  (ノ
       ___
      / || ̄ ̄|| ∧_∧
      |.....||__|| ( ^ω^;)  どうしてこうなった…!?
      | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/        どうして……どうして……!
      |    | ( ./     /
                 (ヽ、00  ∩
               ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
                ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
               ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                `ー――'′ し∪  (ノ

結論

 この現象はフォントのせいであるらしい。画面上には表示するときはフォント内のビットマップデータを使用するが、プリンターやPDFに出力するときにはアウトラインデータが使用されるらしい。詳しくは[Font] 「やる夫」本で、アスキーアートが完全には再現できてない件 - itouhiroメモ作業メモとか考えた事とか (2004年12月)に載っている。なるほど、Open Office WriterよりPDF化したAAをキャプチャしたもの(以下の画像)とHTML印刷の線が太くなる箇所は重なる。

しかしここで根本的な疑問…!。なぜ、印刷でアウトラインデータを使用するのか?

dpi

 それはディスプレイとプリンターのdpiが違うからである。dpiとは1インチにどれだけドット(ディスプレイではピクセル)を詰め込めるかの指標である。Windowsではディスプレイのdpiは殆どが96dpi*2アスキーアートの大きさは12ptと決まっている*3ので、公式*4より画面上には16pxを最大(16pxcel/EM正方形=16ppem)として文字が描画される。これはつまり16×16格子内の任意のマスを塗りつぶして文字をつくるということ…!アウトラインは最終的にはこの格子のどこを塗りつぶすのかを決定するビットマップ変換をする必要がある(これをグリフのラスタライズという)。この作業、想像出来ると思うが格子が荒ければ荒いほど字の形を再現するのが難しい。実際にはこの作業をサポートするヒントというものもあるのだが、それよりもはじめからこのサイズのビットマップを用意した方が楽でいい。それでフォントにはビットマップデータが入っているのである。
 一方でプリンターの解像度は600dpi程度あるから、100ppem。実にディスプレイの6.25倍、圧倒的…!!これはディスプレイで75ptの文字を表示させるのと同じことである。当然、ラスタライズは簡単になり、もはやビットマップを使う必要は無くなる。
 だがここでまたも疑問。ラスタライズをパソコン側で行っているのであれば、プリンタにとっては画像を印刷するのも文字を印刷するのも同じなのであろうか?

疑問

 そもそも、プリンターの仕組みはどうなっているのか?ここで言っているのはプリンターの『構造』のことではない。(プリンターの構造ってのはインクジェットとかレーザーとかトナーをどうやってくっつけるとかだ。)言いたいのはパソコンからどのようなデータがプリンタへ出て、プリンタがどのようにしてそれを解釈して印刷を実行しているのか、そういう事である。
 これについてはリコーのプリンター大百科*5に少し書いてあった。これによると印刷対象はドライバにより、一度特殊な言語に変換されてプリンタに送られ、そこでラスタライズされるらしい。この特殊な言語(ページ記述言語*6)はwikipediaの『プリンター』の「制御方式」*7に少し載っていた。以下にその代表的な制御方式を挙げる。

  • ESC/P
  • LIPS
  • PostScript

だがこれはページ単位で印刷を実行するレーザープリンタなどに代表されるページプリンタや業態んで印刷するラインプリンタに限られる。一般的なインクジェットや、レーザープリンタであっても廉価機種*8ではパソコン側でラスタライズした画像データを印刷することになる*9。つまり画像を印刷するのも、文字を印刷するのも、一般的なプリンターにとっては変わらない。

画像の集合で本が出来るのか…?

 ここまでで、家のプリンターなんかではAAを画像化して印刷すればぜんぜん問題ないとわかった。が、それ以上のことが分からない。店頭に並ぶような立派な体裁の本をそこまで単純に画像の集合体で作れるのか?それをやらない理由はただ面倒なだけなのか?そのあたりをぜひ本職の人に聞いてみたいところだ。

Googleのトップページをアスキーアートにしてみた

 前回の記事(GoogleのAAとYEN SIGN問題 - Webと文字)の海外のAAのバックスラッシュが円記号になる解決方法は自分の中ではHitだったのだけれども反応がない(´・ω・`)。地味すぎた。今回はもう少しがんばって、Googleのトップページと検索結果の一覧ページをアスキーアートにしてみた。ただし、ロゴのAAはすでにあるものを利用した。
 はてダだと幅が収まらないのでAA自体はhttp://www28095u.sakura.ne.jp/enaatest/googleaa.htmlにある。

トップページ


検索一覧ページ



検索もできるAAGoogleトップページ

もう一息だったので作ってしまった。後悔はしていない。(`・ω・´)javascriptの制御にjqueryをはじめて使っている。FireFox以外は動作は確認していない。

AA Google

GoogleのAAとYEN SIGN問題

Googleで「AA」で検索かけるとGoogleのロゴがAAっぽくなる:アルファルファモザイク

  ___                _
/ __|___ ___ __ _| |___
| (_ / _ \/ _ \/ _` | -_)
\___\___/\___/\__, |_\___|
  |___/

さまざまなブラウザで実験した。

AA表示テスト- Shift JIS
AA表示テスト- utf-8

すべてのブラウザで正しく表示されるにはフォントをCourier Newに指定するのがいい。

// ==UserScript==
// @name           googleaafix
// @namespace      gnagaoka
// @description    GoogleAAFix
// @include        http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=AA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=
// @include        http://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&safe=off&q=AA&start=*&sa=N
// ==/UserScript==

document.getElementsByTagName("pre")[0].style.fontFamily="Courier New";

AAで使われる文字を調べたよ

らばQ:顔文字でおなじみになった特殊文字、でもその起源や意味ってわかる?

よく使われる特殊文字「Д、∀、ω」ですが、これらはギリシャ文字キリル文字と呼ばれるもの。

         ∧ ∧
       ヽ(・∀ ・)ノ <モナー系AAを対象に調べたよ
       (( ノ(  )ヽ ))
         <  >

1.サンプル:ショボーン

∧_∧
( ´・ω・) みなさん、お茶が入りましたよ・・・・。
( つ旦O
と_)_) 旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦
∧ : 論理積

 数学記号。P ∧ Qで PかつQの意味。AAでは猫のような耳として多く使われる。
 論理積 - Wikipedia

( ) :括弧

 約物 。中と外とを区切る役割を果たす。AAでは主に顔や体の輪郭を現すのに使われる。
 括弧 - Wikipedia

_ :FULLWIDTH LOW LINE 全角下線

 約物。下線の付いた空白。もともとはタイプライターで重ね打ちすることで強調するために存在した。AAでは輪郭に多く使われる。似たものに「 ̄」があるが、これはマクロンと呼ばれるダイアクリティカルマークで、英字の上につく発音記号である。「 ̄」はFULLWIDTH MACRON(全角マクロン)である。AAでは輪郭に多く使われる。

アンダースコア - Wikipedia

http://www.unicode.org/charts/PDF/UFF00.pdf

マクロン - Wikipedia

´ : アキュート・アクセント

 アクセント記号。主にヨーロッパ諸語においてラテン文字の上側についてアクセントを表す。AAでは斜めの一部分やたれ目もしくは眉毛(目と眉毛に同時に同じ記号を使うことは区別がつかなくなるのでまずしない)として使われることが多い。似たものにプライム(Modifier Letter Prime)「′」がある。これは約物微分したときに肩に付けたりする。プライムには複数あるが、AAでは「′」使うことは少ない。他にもAAで多用されるものにアポストロフィー「'」がある。プライムやアキュートアクセントに比べて点の位置が低く、また文字を拡大すると点の部分が大きくなって意図したものにならない。

 図1.ドクオの拡大画像−目の部分にアポストロフィーが使われている。

 たれ目として使われたとき、対応する目として使われる記号に「`」「`」がある。

┌─────────────────────┐
│          ∧_∧                 .│
│    ∧_∧  (´<_`  ) 流石だよな俺ら。    .│
│   ( ´_ゝ`) /   ⌒i                .│
│   /   \     | |                │
│  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |                .│
│__(__ニつ/  FMV  / .| .|____         ...│
│    \/____/ (u ⊃              │
│      ガガガガ・・・・                  │
│                              ..│
│ 図2.流石兄弟                    .│
└─────────────────────┘

 「`」はグレイヴ・アクセントと呼ばれ、AやEなどの上に付いて発音のアクセントを表す。フランス語などにアクセント記号として使われる。「`」はFULLWIDTH GRAVE ACCENT(全角グレイヴ・アクセント)で意味は同じ。

アキュート・アクセント - Wikipedia
プライム
流石郷-「流石だよな俺ら」テンプレ等
グレイヴ・アクセント - Wikipedia
http://www.unicode.org/charts/PDF/UFF00.pdf

・ : 中黒

 約物。主に合成語内の区切り。海外の人名など。例) 惣流・アスカ・ラングレー AAではくりっとした目として使われることが多い。
中黒 - Wikipedia

ω : オメガ

 ギリシャ文字の最後の文字の小文字。AAでは猫のような口としてとして使われ、ショボンからブーンまで幅広く使われる。やる夫の口の「(__人__)」はこれを大型化したものである。

┌──────────────────────────┐
│       ____                          ....│
│     /⌒  ⌒\                         ..│
│   /( ●)  (●)\                         .│
│  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だからニュー速でやるお!    .│
│  |     |r┬-|     |                       .│
│  \      `ー'´     /                       .│
│                                     ...│
│ 図3.やる夫                              .│
└──────────────────────────┘

 大文字は「Ω」で電気抵抗の記号として有名。AAでは肩より上の人として使われることがある。

┌───────────────────────────────────────────┐
│       な、なんだってー!!                                          ..│
│      Ω Ω ΩΩ                                                 .│
│                                                              ..│
│    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,          │
│    _)                                                (_         .│
│    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_        ....│
│    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_        ....│
│    )                                                (        ......│
│    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒        .....│
│ /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |     ...│
│ /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |      │
│  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K       │
│  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ      │
│  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'     ....│
│  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|       .│
│    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、      .│
│   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \    .│
│-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「  ......│
│  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |    .│
│ /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |   ....│
│                                                              ..│
│ 図4.MMR                                                       │
└───────────────────────────────────────────┘

 ちなみにこれをひっくり返したモー(オームを逆から読んでモー。コンダクランス(Rの逆数)の単位)℧もあるがAAではまず使われない。
 他に使われるギリシャ文字としてΔ、ξ、Φなどがある。例) ( ФωФ)、ζ(゚ー゚*ζ、ξ ゚⊿゚)ξ 「⊿」はRight TriangleでUnicodeの数学記号領域の22bfにコードされている数学記号である。「Δ」もまたINCREMENTとして同じ字形で数学領域にの2206にコードされている。
Ω - Wikipedia
やる夫 - Wikipedia
MMR
ナギ戦記(停止中) ブーン系小説を読む前に
ギリシア文字 - Wikipedia
http://www.unicode.org/charts/PDF/U2200.pdf

つ : つ

 ひらがな。AAではその形から何かを差し出している手として使われることが多い。 例) ( ・∀・)つ旦
つ - Wikipedia

旦 : たん

 漢字。AAでは真横から見て「日」部分が湯のみをあらわし、その下の「_」がコースターをあらわしている。

サンプル:斉藤またんき

         ∧ ∧
        (・∀ ・;)  あちー
         ノ(  )ヽ
         <  >
∀ : 全称記号

 数学記号。∀xで任意のxに対して。AnyのAをひっくり返した形。AAではモナーを筆頭として口として非常に多くのキャラクターで使われている。

┌───────────────┐
│   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    .│
│  ( ´∀`)< オマエモナー   ....│´`
│  (    )  \_____     .│
│  | | |              ....│
│  (__)_)              .│
│                     ...│
│ 図5.モナー            .....│
└───────────────┘

 笑っている口を表し、ポジティブな雰囲気を持たせるのに使われる。この逆のラテン大文字「A」を口として使うとネガティブな感じとなる。

┌──────────┐
│ |              .│
│ |  ('A`)         │
│/ ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄     .│
│              ..│
│ 図6.ドクオ      ..│
└──────────┘

全称記号 - Wikipedia
モナー - Wikipedia
毒男 - Wikipedia

ノ : の

 かたかな。「乃」を略して作られた。AAでは手として使われたり、体の輪郭として使われたりする。
 似たようなものとしてこの半角「ノ」や「乃」の漢字部首「丿」がある。
の - Wikipedia
丿部 - Wikipedia

ヽ : 一の字点

 踊り字。片仮名繰返しの記号である。AAでは手として使われたり、体の輪郭として使われたりする。斜めの線としても多用される。似たようなものに「ヾ」「ゝ」「ゞ」「丶」がある。
 「ヾ」「ゝ」「ゞ」はいずれも「ヽ」のような繰り返し記号である。AAでは頭を掻いている手や敬礼として使われることが多い。

┌────────────────────────────┐
│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ....│
│:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...   --─-  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::     .....│
│:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..   (___ )(___ ) ::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::     │
│:. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::: _ i/ = =ヽi :::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::      │
│:::: :::::::::.....:☆彡::::   //[||    」  ||]  ::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::     ......│
│ :::::::::::::::::: . . . ..: :::: / ヘ | |  ____,ヽ | | :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::     │
│::::::...゜ . .:::::::::  /ヽ ノ    ヽ__/  ....... . .::::::::::::........ ..::::      .│
│:.... .... .. .     く  /     三三三∠⌒>:.... .... .. .:.... .... ..     ...│
│:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......     │
│:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .      .│
│... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ無茶しやがって… ..........     .│
│....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...      │
│..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....      │
│...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...      .│
│  三三  三三  三三   三三                   ....│
│ 三三  三三  三三   三三                    ....│
│                                         .│
│ 図7.無茶しやがって                            │
└────────────────────────────┘

 「丶」は漢字部首。「丸」・「丹」・「主」などにつかわれ、点の意味である。Unicodeの中国漢字ブロックに存在する。

踊り字 - Wikipedia
Unicode一覧 3000-3FFF - Wikipedia
無茶しやがって
丶部 - Wikipedia
Unicode一覧 4000-4FFF - Wikipedia

<  > : 山括弧

 括弧の一種。AAでは蟹股や輪郭を現すのに使われる。特徴的な使い方として図8のようなニダーの頬の使い方がある。

┌────────┐
│  ∧_∧     ...│
│ <丶`∀´>    .....│
│ (    )      .│
│ | | |       │
│ 〈_フ__フ      .│
│図8.ニダー   ....│
└────────┘

括弧 - Wikipedia
ニダー - Wikipedia

サンプル ギコ猫

   ____∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 〜' ____(,,゚Д゚)< 逝ってよし!
   UU    U U   \________
/  \ : FULLWIDTH SOLIDUS FULLWIDTH REVERSE SOLIDUS 全角斜線と全角逆斜線

 約物。スラッシュのこと。スラッシュは日付の表記や数学の割り算記号として使われる。バックスラッシュは主にプログラムコードにおいてエスケープ記号に使われることが多い。日本語だとこのコードは円記号に当てられているために海外製のAAがうまく表示されないことがある。FireFoxではhtml要素のlang属性をenにすると解決する。

AAにおいては左右対称であることを生かした斜めの線として使うことが多い。

スラッシュ (記号) - Wikipedia
バックスラッシュ - Wikipedia
http://www.unicode.org/charts/PDF/U2200.pdf

_  ̄ : 下線とマクロン

 AAでは吹き出しを構成するのによく使われる。

〜 : fullwidth tilde 全角チルダ

 アクセント記号。スペイン語などでラテン文字の上について発音のアクセントを表す。これの全角板(fullwidth tilde)と約物である波線(wave dash)は混同して用いられたため、字形は同じである。AAにおいては尻尾であったり、手であったりする。
チルダ - Wikipedia
波ダッシュ - Wikipedia

, : コンマ

 約物。文の途中の区切りに打たれる点。日本語の読点「、」と同じ様なもの。リアル系のAAの輪郭などで使われる。
コンマ - Wikipedia
読点 - Wikipedia

゚ : HALFWIDTH KATAKANA SEMI-VOICED SOUND MARK 半濁点(半角)

 かな記号。「ぽ」や「ぷ」などの右上の丸に当たる。AAでは目として使われることが多い。

┌──────────────────┐
│    _  ∩                  .....│
│  ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!    │
│  (  ⊂彡                  .....│
│   |   |                    │
│   し ⌒J                   ...│
│                           .│
│ 図10.ジョルジュ長岡            .│
└──────────────────┘

他の中空点と共に涙を表す記号として用いられることもある。

┌──────────┐
│。゚ ゜(ノД`)゜ ゚ 。   .│
│              ..│
│ 図11.涙      ......│
└──────────┘

「。」は約物で日本語文書で文の終わりにつける。「゜」は全角の半濁点である。これとよく似たものに角度などに用いられる度「°」がある。これはラテン文字などの肩についてさまざまな温度を表すのにも用いられる。
半濁点 - Wikipedia
ジョルジュ長岡 - Wikipedia
句点 - Wikipedia
° - Wikipedia

Д : デー

 キリル文字。ロシア語で使われる大文字。ギリシャ文字のデルタ、ラテン文字のDに相当する。AAでは開いた口を表すのに用いられる。この小文字は大きさが小さいだけで同じ形をしており見分けにくい。またキリル文字の面白い特徴として斜体になるとまったく異なる字形になるものがある。

┌────────────────────┐
│     (゚д゚ )  ≡≡≡            ......│
│    O┬Oc )〜 ≡≡≡            ...│
│    (*)ι_/(*) ≡≡≡           .│
│                            ....│
│                            ....│
│     ( ゚д゚ ) ! ≡≡≡            .│
│    O┬Oc )〜 ≡≡≡            ...│
│    (*)ι_/(*) ≡≡≡           .│
│                            ....│
│                            ....│
│         ( ゚д゚ )                  .│
│        O┬O                ......│
│        ( .∩.|                 ...│
│         ι| |j::...                ...│
│            ∪::::::                 .│
│                            ....│
│ 図12.小文字дを使った「こっちみんな」  .....│
└────────────────────┘

 他に使われるキリル文字としてはeがあげられる。例) (’e’) ギリシャ文字ほど使われている感じはしない。

Д - Wikipedia
ベア速 こっちみんなを超えるAA作ったwwwwwwww
ナギ戦記(停止中) ブーン系小説を読む前に
キリル文字 - Wikipedia

U U: ユー 全角ユー

 ラテン大文字とその全角板。小文字のuと共にAAでは足としてよく使われる。

┌─────────┐
│    ∧ ∧      .│
│   (,,・д・)      .│
│  〜(_u_u_)       │
│            ....│
│図13.チビギコ    │
└─────────┘

 似たようなU字の記号郡として集合を現す数学記号の「∈」「∋」「⊆」「⊇」「⊂」「⊃」「∩」「∪」がある。これらの記号は手や足などの先っぽを表すのにちょうどよく、多くのAAで使用される。
 「∈」「∋」はa ∈ AでaはAに属しているという意味になる。例) レモナ∈モナー系AA。AAではその形から鳥のくちばしに使われることもある。

┌──────────────┐
│    ノノノノ              │
│   ( ゚∋゚)             .│
│  /⌒\/⌒ヽ_______       .│
│ | ̄⌒\ 彡ノ_   |     .....│
│ |_________\_|__ 丿____|     ....│
│/_____________\彡ノ_________\    .│
│ ‖      \ヽ    ‖     │
│         ヽミ        ......│
│                   .....│
│ 図14.クックル          │
└──────────────┘

U - Wikipedia
集合間の関係を表す記号 - Wikipedia
数学記号の表 - Wikipedia
クックルドゥドゥドゥ - Wikipedia

サンプル:フサギコ

    ∬   ∧,,∧      
     ~━っミ ゚Д゚彡,,       
    ∀._(,,,~  ,,,~⊃_ 
━┳┷ |. ,(~ヽ,,,ミ.    
  ┃...| ̄ ̄し'J.  ̄ ̄ ̄ 
  ┻ ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
∬ : 重積分記号

 数学記号。インテグラル「∫」の重なったもの。周積分記号「∮」もある。3重積分記号はない。AAではタバコの煙を表したり、湯気を表したりする。
積分記号 - Wikipedia

ミ ミ: み

 カタカナの「み」とその半角。AAでは「彡」と共に使われて、毛の「ふさふさ」感や動きを表すのに使われる。

┌───────────────────────┐
│  winter      /^l                      .│
│     ,―-y'"'~"゙´  |                    ...│
│     ヽ  ´ ∀ `  ゙':                    .│
│     ミ  .,/)   、/)                   ...│
│     ゙,   "'   ´''ミ                    │
│  ((  ミ       ;:'                    .│
│      ';      彡                    ..│
│      (/~"゙''´~"U                     ..│
│                                  │
│  summer     /^l                    ....│
│     ,―-y -―-'  |    〜〜~ミ~〜     〜     .│
│     ヽ  ´ ∀ ` ヽ    ミ~〜 〜 〜          │
│     ,| /)     /)     ミ 〜       〜    │
│     |        |      〜~ ミ ミ〜        │
│  ((  |        l     〜~~ ~          ......│
│     ヽ       ノ        〜~  〜~      ....│
│      (/ ̄ ̄ ̄U    ~〜ミ 〜~〜          ...│
│                  〜ミ〜     ~〜    .....│
│                                  │
│ 図15.もっさりさん                     │
└───────────────────────┘

み - Wikipedia
もっさりさん - Wikipedia

彡 : さんずくり

 漢字部首。毛髪の飾りの紋様を意味する。AAでは毛の「ふさふさ」感や動きを表すのに使われる。
彡部 - Wikipedia

━ ┳ ┻ など : 罫線素片

 ワープロなどで文字で表を構成するために定義された文字郡。読み方も「よこ」とか「たて」などである。AAにおいては背景や物などの輪郭に使われることが多いが、まれに図16のようなAAもある。

┌─────────────────────┐
│      ┌┐                       .│
│      ││                │││       .│
│      ├┘                └┼┘       .│
│      │      ┏━━┓      │         .│
│      ┏┓    ┃━┏┃    ┏┓         .│
│      ┃┃    ┃  ┛┃    ┃┃         .│
│      ┃┃    ┗┳┳┛    ┃┃         .│
│      ┃┗━━━┻┻━━━┛┃         .│
│      ┗━━━┓    ┏━━━┛         .│
│              ┃    ┃              │
│              ┃    ┃              │
│  ─────────────────   ...│
│        ┏━━┳┳┳┳┳┓          ....│
│        ┃┓━┃┃┃┃┣┫          ....│
│        ┃┗  ┃┃┃┃┣┫          ....│
│        ┗━━┻┻┻┻┻┛          ....│
│                              ..│
│ 図16.罫線素表で構成されたAA        .....│
└─────────────────────┘

罫線素片 - Wikipedia
┃━┏┃ : AAなにっき....〆ミ・д・,,ミ

終わりに

…それにしては、ちょっとばかり低俗なものが多い気もしますけど。

         ∧ ∧
        (・∀ ・) <逆に聞きたいのだが高尚なAAってなによ
         ノ(  )ヽ
         <  >

         __O)二)))(・ω・`) こういうのだろ
   0二━━ )____)┐ノヽ
         A   ||ミ|\ くく


全体をドラッグ
&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;■■&#9600;&#9600;&#9600;&#9600;■
&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9600;  ┃       
&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608; &#9604;&#9606;&#9608;&#9608;&#9608;&#9605;      
■&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608; &#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;▲     
▲ ▼&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;◆ &#9607;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;    ▼
&#9600;┃■&#9608;&#9612;&#9609;&#9600;■&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9610;┃ &#9600;★&#9600;&#9608; &#9604;&#9600;&#9700; &#9602;    ┃∴&#9701;&#9600;▲
 &#9701;&#9606;&#9611;&#9608;&#9600;●&#9698;&#9701;▼&#9608;&#9600;▼∴ &#9608;&#9608;&#9606;&#9608;&#9605;&#9608;&#9608;&#9607;&#9608;&#9612;    ∵&#9603;★ &#9699; ∵
&#9700;━&#9701;&#9600;■━▲   ∵┃  &#9608;&#9608;&#9608;&#9608;■&#9608;&#9608;&#9608;&#9700;     ∵&#9600;▼ &#9600; ▼ &#9607;&#9600;◆
   ◆∵ ▼        &#9600;&#9608;&#9607;&#9602;&#9605;&#9608;&#9608;&#9608;∵      ∵∴  ∵〓&#9614;  
∵   ∴∵  ∴ ∴∵ ∴&#9600;&#9607;●&#9605;&#9608;&#9608;&#9600;    ∴ ∴ ∵ ∴ ∴∵&#9698;&#9700;∵
       ∴∵&#9698;〓■     &#9600;&#9608;&#9600;&#9600;         &#9701;〓◆∴      
     ∴&#9644;&#9642;〓&#9776;&#3642;〓&#9700;        &#9604;  ∴      ∵   〓∵∴    
   ∴&#9644;〓▼∵ ★∵       &#9608;&#9606;&#9605;&#9605;&#9606;&#9604;∴            &#9698;&#9700;&#9698;〓&#9700;∵
  〓■&#9698;&#9698;&#9700; &#9698;&#9642;          &#9604;&#9605;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;■ ∴ ∴&#9701;■■▲〓&#9644;∴
  ◆〓━&#9701;&#9699;∵          &#9604;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9610;┃∴  ∵▲▲▲〓〓━
∴∵ ∴▼&#9701;&#9699;▲∴ ∵  ∴▲&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608; ┃&#9602;&#9644;〓━∴ ∴&#9701;〓▼&#9701;&#9699;
   ∴ ∵▼◆    ■&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;■&#9644;〓〓━   ∵ ∵&#9701;◆
  ∴〓&#9776;&#3642;〓&#9698;&#9700; ∵   &#9701;&#9600;■&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;■&#9600;∵    ∴∵      ∵ 
  &#9701;▲ &#9606;■&#9698;∴    ┃ ┃&#9614;┃&#9614;┃&#9698;&#9700;┃∵     ∴ ∵   ∴     
    &#9701;〓&#9699;∵       ┃ ┃┃  ┃       ∵          
 ∴&#9602;&#9644;〓&#9644; ∴       ┃   ∵┃             ∵ ∴∴    
 ∵■▼〓∵              ┃              ∵    
∵   ∴                                        
        &#9698;∴                        ∴       
       ▼&#9698;&#9700;┃&#9698;&#9700;&#9606;&#9608;&#9607;&#9606;&#9605;&#9604;&#9602;           ∴   ∵  ∴   
     ∵&#9698;▼┃&#9613; ■&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9606;&#9603;▼           〓&#9699;       ∵   
        ┃    ■&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9608;&#9600;&#9608;&#9605; &#9701;〓&#9699;  &#9701;&#9602;                
       ∴   &#9603;&#9605;  &#9600;&#9600;&#9608;&#9608;&#9600;■&#9606;&#9602;   ∵                 
           ▼&#9605;&#9608;■ ◆&#9600;■&#9605;  ▼          ∴       
           ∴&#9603;&#9606;■∵   ∵                       
          ∵ &#9698;▼                 

【軍曹が】携帯電話開発の現状【語る】後編をAA化した

【軍曹が】携帯電話開発の現状【語る】前編をAA化した - Webと文字
の続きです。以下のリンクからドゾー

http://www.geocities.jp/project_the_tower2/gikomona/desuma2.html